アイスクリスティーナについて

アイスクリスティーナと私たちの歩み

  • 1974

    アイスクリスティーナのはじまり

    コラッド・ シュパドットは1974年7月13日、彼が25歳の時に、小さなアイスクリームショップをノードエンド(Eckenheimer Landstrasse 80)にオープンしました。

    彼の夢であった2つの部屋の小さなショップは、まさに彼の手によって創られ、進歩してきました。袖をまくって、一生懸命働いて。彼がいつもそうしているように

  • 1975

    コラドと、ペトラとクリスティーナ

    コラッドは1966年にフランクフルトに渡り、”カプリ・アイス”という会社の、ボンハイム (Heidestraße)にある小さなラボでアイスクリームの作り方を学びました。彼の当時の上司、ウンベルト・デ・ベルナルドは、”Novagel(ノヴァージェル)”という新しいアイスクリームマシーンを開発していました。コラッドのアイスへの興味はこのとき一瞬にして目覚め、それ以降、彼は心と魂をこの仕事に注いできました。

    私たち、コラッドとペトラは、その年の終わりに結婚し、一人の娘、クリスティーナをもうけました。このショップにとってこれ以上の名前はないと、決めました。「アイス クリスティーナ」

    クリスティーナはこのアイスクリームショップで育ち、学校の夏休みには毎年、ショップで両親を手伝いました。現在、彼女は結婚し、双子の娘たちをもうけ、イタリアに住んでいますが、今もアイスに対する情熱は彼女の中に生きています。現在でも、可能な限りフランクフルトを来ては、私たち、両親と並んでこのアイスクリームショップを手伝っています。

    1981より、コラッドのいとこ、ミレッラもチームに加わり、現在も、重要なメンバーです。

  • 1984

    アイスクリスティーナに捧げる決意

    大きな変化がやってきました。コラッドは、カプリアイス社のラボでの仕事を辞め、アイスクリスティーナに彼の全てを注ぐ決意をしたのです。

    ショップを完全にリニューアルし、小さなテラスに心地よいソファを置きました。加えてこの時、コラッドは新しいアイスクリームマシーン ”Novagel” を入手し、ショップの中でアイスを作れるようになりました。このマシーンは、今、現在でも最高のものであることは、毎日のようにアイスクリームのクオリティを絶賛してくれるお客様が証明してくれています。

    アイスクリーム作りは、コラッドにとって、これまでの長い期間、常に一番の情熱を傾けているものです。彼は最高のクオリティのアイスクリームを作るため、たくさんの時間とエネルギーを注いできました。何度も何度も、最高の結果が得られるまで、可能な限りのフレーバーの組み合わせを試し、作り続けています。

    マシーンだけでなく、他の附属部品も開発し、マシーンのに導入しました。アイスクリームは、更においしく、クリーミーになりました。

    クリームベースのアイスは、とてもスムーズで、均一にミックスできる、最新の方法で作られています。(この長い歴史にもかかわらず)  この部品は、特許を取得をしており、添加剤を一切使わない最高のアイスを作れるものであることが保証されています。

    1986年に、私たちの息子、アンドレアがこの世に誕生しました。

    何年か経ち、アイスクリスティーナは成長を続けた結果、店舗は手狭になってきました。幸運なことに、横の店舗、Andresenが、閉店するタイミングだったので、私たちはこのチャンスを掴み、大きな移動なしにお店を大きくすることができました。

  • 2002

    アンドレアとコラドの献身

    2002年5月、アイスクリスティーナは、現在の場所、Eckenheimer Landdtraße 78に移ってきました。

    アイスクリームマシーン “Novagel”も新しいショップに引っ越してきました。今でも、クオリティの高いアイスクリームへの需要があることは、たくさんの賞や優勝経験が語っていると言っていいでしょう。何点かの賞はショップに飾られています。

    コラッドは毎日、30以上のフレーバーのうち少なくても10種類はフレッシュに作っています。お客様には60種類ものフレーバーから選んでいただけます。エスプレッソ、カプチーノ、シナモンが濃厚なラッテ、ヘーゼルナッツ、キャラメル、またケーキやたくさんの驚くようなラインナップです。

    新しいアイディアはどんどん試し、毎年、新たなフレーバーが登場しています。

    夏のあいだAndreaは父親をのアイス作りを助けます。2006年に彼は、Longarone (イタリア、Veneto)のコンペティションに参加し、”アンダー30”のグループで優勝しました。この興奮は今でも続いています。

    私たちは、コラッドのアイスへの献身に対して、様々な新聞、ラジオ、テレビやインターネットなどのレビューから、たくさんの嬉しい声を聞きます。お客様のレビュー上のコメントは、私たちにとって、認められている印であると同時に、改めてモチベーションとなるものです。

    コラッドのアイスクリームづくりについて少しお話しましょう。

    アイスクリームはナチュラルなベストの素材のみで作っています:新鮮なミルク、新鮮な卵、バター、砂糖、熟している時に摘み取り、一瞬で凍らせる製法で、フレッシュなフレーバーそのまま閉じ込めたフローズンフルーツなど。

    ヴァニラアイスには、黒い粒が見えますが、これは、他でもない、最高のヴァニラビーンズ、Bourbon Islandのビーンズです。

    濃縮は、最初に滅菌するため、85度まで熱します。その後、すばやく4度まで冷やされてアイスクリームマシーンに流し込みます。まだ終わりではありません。同時にチョコレートフレークやクルミ、アーモンドやハニー、ごま、様々な種類のジャムなどの素材を混ぜ合わせます。その後、5時間アイスを休ませることにより、最高の味が出来上がるのです。

    全てのジャムとチリソースはアイスクリスティーナの自家製です。ジャムはフルーツと砂糖、純粋なペクチンのみで作っています。

    もちろん、ストロベリーソースとチョコレートソースも自家製です。

    • ストロベリーソースは、ストロベリーと砂糖のみを使っています。
    • チョコレートソースは、良質なカカオのみ。

    素材は、すべてピュアで自然のものなので、常にまったく同じ味ではありません。それが自然の味です。コラッドはアイスの味を、加工してひとつの決まったルールにはめて作る、ということはしていませんので、素材の味が微妙に変われば、アイスの味にも同じように違いがでてきます。

  • 2009

    アイスクリスティーナ35年 「アイスは人生!」

    また新しいシーズン(2月から10月)がスタートしました。マシーン ”Novagel” は稼働中、そしてコラッドは再び、新しい驚きと、感動と楽しさを届けるべく試行錯誤しています。

    アイスクリスティーナは間違いなく、大きな成功といえます。

    アイスクリスティーナの長い歴史を、共に支えてきてくれたプロフェッショナルで献身的な私たちの有能なチーム、スタッフなしには不可能でした。

    そして、私たちに、これまでの、そしてこれからの道が正しいことを教えてくれた、たくさんの、小さな、大きなお客様。みなさんに感謝致します。

    また会えることを願って、また初めての出会いを願い、コラッドとペトラは全てのお客様を、心から歓迎します。

  • 2014

    「アイス・クリスティーナの40年」 〜アイスはその人生〜

  • 2015

    「アイス・クリスティーナの41年」 〜アイスはその人生〜

  • 2019

    Winter break's coming to an end

    We're kicking off a new season.
    Corrado also has some new varieties up his sleeve!

    Let's wait and see!
    There will be one variety for sure and that will be Bienenstich (honey cake).
    He is curious what customers think.
    Of course he will pay great attention to the quality!
    But we wouldn't expect anything else from Corrado.

あなたはアドバイスを受けたいですか?

もしあなたの大好きなアイスクリームの在庫がなかったら!あなたのご希望のアイスクリームがあるかどうか、メールでお問い合わせができます。売り切れの際にはご容赦ください!

データ使用を受け入れる

あなたが提供したデータは、私たちのニュースレターを送るためだけに扱われます。 それらは第三者に開示されません。 登録は任意です。 統計的な目的のために、我々は匿名リンク追跡を実行します。

あなたのメールアドレスは正常に保存されました。 選択した新しい味が利用可能になると、お知らせします